医療大麻

医療大麻は日本で解禁される?合法化するメリット/デメリット

違法ドラッグを厳しく取り締まる日本では、大麻の所持は一部を除き違法です。確かに、大麻にはCBDなど人体に悪影響が出ない成分も含まれています。しかし、他の成分は幻覚を引き起こしたり、依存性を高めるとして輸入すら禁じられているものも。

日本では禁止されているこの大麻、実は続々と世界中で合法化されつつあります。そのことを受けて、日本でも医療大麻が解禁される日は訪れるのでしょうか。今回は、日本における医療大麻という観点で説明していきます。

医療大麻は日本で解禁される?

今の日本では、大麻を所持すること自体が大麻取締法によって禁じられています。それは嗜好用大麻であっても、医療大麻であっても同じ。

ちなみに、大麻の幻覚作用はこのTHCと呼ばれる成分がもたらします。確かに大麻は全く害がないわけではありません。しかし、手放しに非難されるものでもないのです。その証拠に他国では医療大麻が認められつつあります。

もしも日本で医療大麻が解禁されれば、大麻を合法化してきた国の大半がそうであったように、続いては嗜好用大麻の合法化にスポットライトが当てられるようになります。そこまで話が進められるかは定かではありませんが、日本でも大麻解禁に向けて社会の注目が集まることでしょう。

医療大麻は日本で合法の可能性はある?

まだまだ合法化するには程遠いものの、日本でも医療大麻を解禁すべきだという声が集まっています。実際、大麻には鎮痛・鎮静・睡眠などあらゆる作用があり医療に役立つと考えられているからです。

そのため、近い将来日本でも医療大麻が解禁される可能性は、大いにあるでしょう。日本で、医療大麻が合法化となる条件は「WHOが定める大麻草の取り締まり基準が見直されること」そして「アメリカ連邦法の取り締まり基準が見直されること」が前提です。

この条件が実現する日がくるのもそう遠くないかもしれません。なぜなら、2019年にはWHO事務局長が国連事務総長に宛てた手紙に、国際薬物条約内で提案されている大麻の取り締まり基準の変更について、国連に知らせたからです。結果的に現段階では合法化こそ叶っていないものの、他の国のように日本でも医療大麻が使われることは現実的になってきました。

医療大麻が合法の国

世界を見渡してみると、医療大麻が合法な国もいくつかあります。その国はどこか、一部をピックアップしていきましょう。

アメリカ

アメリカでは1996年にカリフォルニア州で初めて医療大麻が合法化され、その後33州にまで広がりました。これにより21歳以上なら住民はもとより、他の地域に住む誰しもが「楽しむ」ためのマリファナを購入・所持・栽培・服用できるようになったのです。さらに、コロラド州で2014年より嗜好用大麻の合法化も実現しています。

カナダ

アメリカと共に「大麻大国」として名を連ねるのがカナダです。実はカナダでは医療大麻はもとい、娯楽としての大麻も合法化されています。このこともあって、カナダにおける大麻使用率の高さは世界的に見てもゆびおりです。

ウルグアイ

2013年12月に、娯楽目的で大麻を使うことを世界で初めて認めた国。それが、ウルグアイです。推進役だった当時の大統領、ホセ・ムヒカ氏が署名して2014年に発効しました。

ウルグアイで大麻が合法化されたのには、いくつか理由があります。1つは国が大麻の流通管理をおこなうことで、密売組織を破滅に追いやるため。つまり、南米のマフィアに大打撃を与えることが狙いです。ちなみに前もって所定の手続きをおこなえば、18歳以上の国民なら大麻の栽培や販売、購入ができます。

医療大麻を合法化で直面する問題

いくら医療大麻が様々な病気に効果があるからといって、いいことづくめというわけではありません。多少なりとも依存性があり、合法化されたあかつきには車を運転しながら大麻を吸う人が出てきて、酩酊状態の中、交通事故が増えるのではと懸念されています。さらに、未成年が大麻を吸うと脳に悪い影響が出る可能性が高いです。

ただし、それは国が正しく管理できなかったらの話。もしも政府がきちんとした取り決めをおこない、医療大麻を解禁すればある程度はコントロールが可能です。

また、大麻を解禁した国では暴力事件が減少したというデータも寄せられています。大麻よりも、酒や違法薬物が与える有害性の方がよほど問題です。

医療大麻合法化のメリット

世界各国で合法化の兆しが見られ、日本でも近い将来認められるのでは?と噂になっている医療大麻。もし日本で医療大麻が合法化したら、どんなメリットが考えられるかまとめました。

税収が増える

現在、日本における嗜好品といえば「酒」「タバコ」この2種類です。これらの嗜好品には、課税されています。その税は国の収入源で、重宝されているのが事実です。この2つが、どれだけの税収効果をもたらしているのでしょうか。金額にしてみるとよくわかります。平成31年の酒税が1兆3110億円、いっぽうタバコ税は約2兆円。とてつもないお金が動いていますね。

ここに大麻が合法化されたとしましょう。たちまち酒税やタバコ税をしのぐ税収を確保できると予想されています。事実、2012年に大麻が合法化されたコロラド州では、大麻による税収が6700万ドル(67億円)に到達しました。

病院で大麻を処方できる

近い将来、日本で大麻が合法化されれば病院で処方することができます。要するに大麻を「薬」として体に取り込むことができるようになるのです。

医療大麻の効果は多岐にわたり、鎮痛作用・鎮静作用・抗がん効果などがあります。のちほど医療大麻の効果により改善が期待される症状についてはふれていきます。

犯罪組織を抑圧できる

日本において大麻は暴力団やマフィアなどの犯罪組織がとりあつかっていて、違法に流れています。仮に合法化されれば、犯罪組織が大麻を栽培したところで、利益を生み出すことができません。そうすれば犯罪組織の資金源を激減させられます。

また、大麻の成分に鎮静作用が含まれているため怒りに支配されやすい人が使用することで落ち着いて、衝動的な行動を起こす可能性が低くなります。先ほども税収が増加した国としてコロラド州をあげましたが、大麻を合法にしてから同国では犯罪件数が減ったとされ、そうした面でも期待できるのです。

医療大麻合法化のデメリット

ここまで、医療大麻の合法化により生じるメリットを見てきました。今度は反対にデメリットをチェックしましょう。

依存者が増えるリスクがある

大麻を合法化することにより、依存者が増加するリスクがあります。一般論として依存性が少ないと言われる大麻ですが、全く依存しないというわけではありません。そのため、こうした心配が浮上します。

子どもの大麻トラブルが発生する可能性がある

アメリカやカナダなどの大麻が合法化されている国では、子どもの大麻トラブルが多発しています。小さな子どもが誤って大麻を飲み込んだり、食べてしまうのです。そうすることで起こりうるのが呼吸困難や昏睡など、一歩間違えば命に関わる問題。日本で合法化されたとしてもこのトラブルが考えられるため、慎重になるべきです。

医療大麻に期待される効果・症例

医療大麻がもたらす効果は、実に幅広いものです。その中でも難病や痛みに有効であるということから、医療業界に携わる人々から注目が集められています。

つづいては、医療大麻に期待される効果や症例を見ていきましょう。

てんかん

医療大麻はてんかんの発作を軽くさせるとして、アメリカの医療において評価されています。同国には深刻なてんかんの小児患者が10万人近くおり、一般的に処方される薬が効かないことがあるのです。そんな時、用いられるのが医療大麻。他の標準薬による効果がない時も、大麻を使うことで発作の抑制につながります。

アルツハイマー

医療大麻には、アルツハイマー予防効果があります。これはカリフォルニア州にあるソーク研究所のチームにより判明したことです。そのチームによると、大麻には認知症やアルツハイマーの原因となるアミロイドβタンパク質を取りのぞく効果があるといいます。しかし現段階では、連邦政府が大麻の使用を規制しているため研究を進めることができません。

がんの化学療法による副作用

大麻に含有されるカンナビノイドという成分が、がんの化学療法による副作用を抑える働きがあるとして注目を集めています。カンナビノイドの代表格が、皆さんよくご存知のCBD。このCBDこそが痛みをやわらげ、炎症を抑える作用があります。

慢性的な痛み

CBDをはじめとする医療大麻には、病へのアプローチのほか慢性的な痛みにも作用します。先述したがんの副作用はもちろん、怪我や他の病気にも効果的。他にもストレスや不安を軽減させるなど、あらゆるメリットがあります。

まとめ

医療大麻は、日本で解禁されるのか否かというお話でした。現時点では禁止されている医療大麻ですが、今後世界の動きによっては大麻が合法化される可能性も無きにしもあらずです。もし医療大麻が解禁されればガンやアルツハイマーに有効であるということですが、その反面で依存者が急増するなどの問題もあります。

ここはひとつ、慎重になって医療大麻の合法化について考えるべきですね。

MedleafがオススメするCBDリキッド

Medleafがオススメする+WEEDのCBDリキッド!MADE IN JAPANのCBDリキッドでもちろん合法です!安心してご利用頂けます!また、このCBDリキッドにはニコチンやタールといった有害物質は一切含まれていません!CBDの効果を最大限に堪能することが可能です!

医療大麻
最新情報をチェックしよう!